メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

予算案 一般会計1兆8353億円 成長と次世代へ重点 災害対策も強化 /大阪

大阪市の2019年度一般会計当初予算案の内訳

 大阪市が14日発表した総額1兆8353億円の2019年度一般会計当初予算案は、前年度当初比3・3%増で、3年連続増の積極型。任期最終年度を迎える吉村洋文市長肝煎りの「子育て・教育」関連事業は、歳出全体の22・9%を占めた。吉村市長は会見で「大阪の成長と次世代への重点予算だ」と説明した。【山下貴史、岡村崇】

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです