メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

空手「形」なぜ採点制? 旗判定分かりにくく 数値化で透明性高め=回答・松本晃

1月の国際大会決勝での清水選手の得点

 なるほドリ 2020年の東京五輪で採用される空手って、点数で勝敗が決まるようになったの?

 記者 演武(えんぶ)の出来栄えを競う「形(かた)」で、今年から採点方式を導入しました。以前は審判員5人による「旗判定」でした。新ルールでは審判員が7人に増え、姿勢や正確性などの「技術点」、スピードや力強さ、バランスを見る「競技点」を各10点満点(最低点5点で、0・2点刻み)で採点します。7人のうち、上下2人ずつの点を除いた真ん中の3人の点数の合計点で争います。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです