メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

和製オーベルジュ「徳山鮓」の主人、徳山浩明さんとのトーク拡大版

「徳山鮓」主人・徳山浩明さん(左)と桂南光さん。南光さんは鮒鮓のほか、冬は熊鍋、夏はウナギもお目当てに通う=滋賀県長浜市で2019年1月30日午後2時半、小出洋平撮影

 琵琶湖の北に位置する小さな湖、余呉湖の湖畔にある「徳山鮓(ずし)」(滋賀県長浜市)は、国内外の美食家が注目する和製オーベルジュ。おいしいものに目がない桂南光さんも常連の一人です。メインの「鮒鮓(ふなずし)」をはじめ、南光さん感激の品々を生み出すのは、地元出身の主人、徳山浩明さん。発酵との出合いをきっかけに、唯一無二の道を歩んできた徳山さんに話を聞きました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り3640文字(全文3829文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです