メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

現役最多55戦目 38歳堀川が涙の3年2カ月ぶり王座返り咲き(スポニチ)

日本ライトフライ級王座決定戦10回戦 堀川謙一-戸高達(2019年2月14日 後楽園ホール)

 現役最多となるプロ55戦目を迎えた38歳の堀川が、3年2カ月ぶりに日本王座に返り咲いた。

     戸高の圧力に苦しみながらも、ベテランらしいテクニックを駆使して試合を優位に進めると、8回終了後に相手陣営が棄権を申し出た。15年12月に現WBC世界同級王者・拳四朗(BMB)に敗れて王座陥落。その後、拳四朗が東京の練習拠点とする三迫ジムに移籍していた。再びベルトを手にした堀川は「仲間たちのおかげで続けてこられた。恩返しでき良かった」と涙した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
    3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
    5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです