メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

塚本晋也 監督、撮影…1人6役「何でもやる」(スポニチ)

 【男優助演賞】男優助演賞は「斬、」で監督、脚本、撮影、編集、製作、出演と6役を務めた塚本晋也監督(59)が俳優として受賞した。

     2015年「野火」で主演賞を受賞し、助演賞は02年の「とらばいゆ」「殺し屋1」以来2度目とあって「このような賞を頂いてしまってすみません、申し訳ない」と苦笑いした。

     「監督として、現場でやれることは何でもやる。その一つが俳優です」と謙遜し「本当は侍はひげ面と丸刈り頭はだめなんですけど、時代考証の先生に“塚本さんならいいんじゃないの”と言われた」と照れ隠し。その裏で撮影前に北辰一刀流を学ぶなど、真摯(しんし)な姿勢で臨んだことが高く評価された。「これからも時代の制約がある中、撮りたいと思うテーマを撮っていきたい」と真剣に語った。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
    4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
    5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです