メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

ひらかたパークに行ってみた ワクワクを体感しよう

岡田准一さんと同じ格好になって撮影できるコーナーで肩パッドをつける丹治葉月さん(右)=大阪府枚方市のひらかたパークで、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 通学途中、電車の窓から見えるひらかたパーク(大阪府枚方市)が気になっていた。電車内で見るポスターが楽しいから。PRの工夫などを知りたいと訪ねた。(京都女子大3年・丹治葉月)

 ★住宅街の中に

 枚方公園駅で下車し、いつも車窓から眺める観覧車の方向を目指して歩いた。駅を少し過ぎ、住宅地が広がる中にひらかたパークの正門が見えた。派手な看板はなく、地域に溶け込むようにあった。

 ここに来たいと思ったきっかけは京阪電車の車内や駅で見かけるポスターだ。思わずクスッと笑ってしまうよ…

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1854文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです