メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 海外版権 「言語の壁」破れば商機

中国・北京市内の書店に陳列される日本の出版物の翻訳本=講談社提供

 国内出版市場が縮小するなか、出版各社は中国や米国で海外版権ビジネスを強化している。

 出版大手の講談社(東京都文京区)は2005年、中国・北京に100%出資の「講談社(北京)文化有限公司」を設立。18年は売上高、経常利益ともに過去最高を記録した。同社の売上高は2990万元(1元=約17円)。講談社の海外ビジネスのなかで米国に次ぐ2番目の売り上げだ。

 同社から版権を買った中国の出版社や編集プロダクションが、翻訳本を出版する。中国でのビジネス拡大につ…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです