メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

鮒鮓を伝道 発酵の隠れ宿の巻

余呉湖を望む「徳山鮓」の居室で、言葉をかわす店主の徳山浩明さん(左)と桂南光さん=滋賀県長浜市で

 桂南光さんが毎年2回、冬と夏に訪れる“隠れ家”が琵琶湖の北に位置する小さな湖、余呉湖畔にあります。決してアクセスの良くないこの地に、国内外からグルメを呼び寄せる和製オーベルジュ(宿泊できるレストラン)、「徳山鮓(ずし)」は、地元出身の料理人と発酵学の権威の偶然の出会いから生まれました。メインディッシュは「鮒鮓(ふなずし)」。万人受けとはほど遠い珍味を、いつかはあの国民食のような存在にしたいと語る主人、徳山浩明さんの情熱と夢に触れに、冬の余呉湖を訪ねました。【山田夢留、写真・小出洋平】

この記事は有料記事です。

残り2361文字(全文2606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです