メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

鮒鮓を伝道 発酵の隠れ宿の巻

余呉湖を望む「徳山鮓」の居室で、言葉をかわす店主の徳山浩明さん(左)と桂南光さん=滋賀県長浜市で

 桂南光さんが毎年2回、冬と夏に訪れる“隠れ家”が琵琶湖の北に位置する小さな湖、余呉湖畔にあります。決してアクセスの良くないこの地に、国内外からグルメを呼び寄せる和製オーベルジュ(宿泊できるレストラン)、「徳山鮓(ずし)」は、地元出身の料理人と発酵学の権威の偶然の出会いから生まれました。メインディッシュは「鮒鮓(ふなずし)」。万人受けとはほど遠い珍味を、いつかはあの国民食のような存在にしたいと語る主人、徳山浩明さんの情熱と夢に触れに、冬の余呉湖を訪ねました。【山田夢留、写真・小出洋平】

この記事は有料記事です。

残り2361文字(全文2606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです