メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

メルボルンV本田、同点PK弾 途中出場で11戦ぶり今季6点目(スポニチ)

オーストラリアAリーグ メルボルンV1-1ウェリントン(2019年2月14日)

 メルボルンVの元日本代表MF本田がウェリントン戦で同点ゴールを決めた。11試合ぶり今季6点目。

     前節パース戦で右太腿裏負傷から復帰したばかりで、この日も後半10分から途中出場。同22分、味方がドリブルで仕掛けてもらったPKを冷静にゴール右に決めた。試合は1-1の引き分け。10、11月の最優秀選手に選出された際には「チームとして勝つことの方が喜びは大きい」とコメントしていたが、勝利には導けなかった。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
    2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
    3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
    4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
    5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです