メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

梶賀コーポレーション 中川美佳子さん、浅田克哉さん /三重

「あぶり」の魅力発信 中川美佳子さん(39)、浅田克哉さん(29)

 サバやアジなど水揚げされたばかりの小型の魚を薫製にした「あぶり」。市場に流通させることができない魚を保存できるように加工してきた尾鷲市梶賀町の伝統食だ。このあぶりの生産、販売会社「梶賀コーポレーション」を2017年に設立した中川美佳子さん(39)と浅田克哉さん(29)は「地元に寄り添った会社にしたい」と思いを語る。2人は16年に地域おこし協力隊として梶賀町に着任し、3年間かけて、あぶりの販路拡大に取り組んできた。【下村恵美】

 津市出身の中川さんは一橋大卒業後、東京都内の金融機関で勤務。「東京では三重のPRができていない。三…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです