メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大連吟

参加募集 5月、四天王寺で公演 /大阪

 伝統芸能・能楽の謡に、大人数による合唱という新たな要素を加えた「大連吟」への参加者を、大阪の能楽師たちが募集している。経験、年齢、性別など一切不問。能楽堂などでの稽古(けいこ)を経て、5月12日に四天王寺(大阪市天王寺区)の五智光院(ごちこういん)で、能楽師らと一緒に発表公演を行う。

 「大連吟」は、2人以上で謡う「連吟」に「大」を付けた造語で、2008年に若手能楽師らが京都で始めた。大阪では昨年に続いて2回目の開催。夫婦愛や長寿を願って結婚式などで親しまれてきた「高砂」を謡う。高…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです