メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官兵衛神社

今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人 /兵庫

官兵衛神社の地鎮祭で行われた鳴弦の儀。奥が広峯神社本殿=兵庫県姫路市広嶺山で、広田正人撮影

 軍師として知られる姫路ゆかりの武将・黒田官兵衛をまつる「官兵衛神社」が、姫路市広嶺山の広峯神社(幸田精久(きよひさ)宮司)内の本殿西側に今秋建立されることになり16日、地鎮祭が行われた。【広田正人】

 官兵衛は59年の生涯のうち40年余を姫路で過ごし、祖父重隆の代から親交のあった広峯神社で信仰心を学び、戦国武将としての才能を育んだとされる。姫路にあった父職隆(もとたか)の墓から見つかり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです