メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子ゴルフ

野村敏京、絶好3差2位 後半は不満も米ツアー4勝目見えた(スポニチ)

米女子、オーストラリア女子ゴルフツアー共催ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン第3日(2019年2月16日 オーストラリア ザ・グランジGC=6638ヤード、パー72)

 3位から出た野村敏京(26=Q CELLS)が4バーディー、2ボギーの70と伸ばし、通算9アンダーで2位に浮上した。67をマークしたネリー・コルダ(20=米国)が通算12アンダーで首位。横峯さくら(33=エプソン)は通算1オーバーで50位、上原彩子(35=モスバーガー)は通算3オーバーで62位だった。

     3差2位と絶好の位置につけたというのに、野村の表情はさえなかった。神がかった前半とは対照的に、後半はもどかしいショットが続いて停滞。同組のN・コルダに突き放され、「全体的には良かったけど、後半は…」と悔しがった。

     2番では14メートル、5番でも10メートルを決めるなどパットが好調だった。単独トップで折り返しながら、後半はやや失速。パー5の10、13番でミスが出るなど伸ばし損ね、16番ではバンカーショットをグリーンと反対のバンカーに入れ、ボギー。「もったいない」と嘆いた。

     それでも、昨年8月以来の復帰戦で5位に入った前週に続き、上位争い。3年前に米ツアー初勝利を飾った大会で、米4勝目が視界に入っている。「このコースなら3打差はないに等しい。危ないホールをパーでしのいで、パー5でしっかりバーディーを取っていければ」。3年前と同じ最終日最終組で逆転に挑む。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
    2. 米子東の選手がベンチ入りせず
    3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
    4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
    5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです