メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

サンウルブズ 4季目黒星スタート、ミス連発で逆転負け(スポニチ)

 スーパーラグビー参入4季目の日本のサンウルブズは16日、開幕節でシャークス(南アフリカ)と対戦し、10-45で黒星スタートとなった。前半は一時リードする時間帯もあったが、セットプレーの劣勢をはね返せず、計6トライを許して完敗。厳しい幕開けとなった。

     ペナルティーは16を数え、ハンドリングミスも15。プレッシャーや自滅でリズムをつかめず、相手が得意とするセットプレーに持ち込まれて完敗。今季からチームに加入した途中出場のプロップ山下は「シャークスのフィールドで戦ってしまった」と完敗を認めた。

     3点を追う前半8分には、今夏に日本代表資格を取得見込みで南アフリカ出身のCTBゲイツが一時逆転のトライ。37歳のロックのトンプソン、SOパーカーら個人で光った選手はいたものの、チームとしては未熟さを露呈する80分間だった。

     W杯を控える日本代表候補の主力は、現在東京で合宿中。合流は3月下旬になる見込みで、それまでは現メンバーで戦わなければいけない。23日の次節は国内開幕となるワラタス戦(秩父宮)。共同主将のミラーは「東京で頑張りたい」と声を絞り出した。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
    2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
    3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
    4. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
    5. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです