メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「詳細」の喪失という危機

養老孟司著「神は詳細に宿る」(青土社)

 解剖学者の養老孟司さんの評論集『神は詳細に宿る』(青土社)が刊行された。10年前から昨年までの間、雑誌に発表した8編の集成で、インタビューや講演の収録といった話し言葉で書かれたものが多く、読みやすい。とはいえ、これまでの著作と同様、語り口は平易でも独特な飛躍と展開があって、正確に理解するのは必ずしも易しくない。もちろん、その自在さが「養老節」の魅力なのだが。

 タイトルは「神は細部に宿る」とも訳される格言だ。キリスト教世界から出たもの、という以上の説明はない…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです