メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

坂本繁二郎「肉弾三勇士」どこに 捜し続ける八女の画家 戦意高揚の画風でないこと証明したい

 今年没後50年を迎える福岡県久留米市出身の近代洋画の巨匠、坂本繁二郎(はんじろう)(1882~1969年)が描き、戦後行方が分からなくなっている戦争画「肉弾三勇士」を、同県八女市の画家、杉山洋さん(94)が捜し続けている。32年の第1次上海事変で爆死した三勇士は戦意高揚のため美談として取り上げられたが、坂本に師事した杉山さんは「実物が出てくれば、戦意高揚のために描いた絵ではないことがはっきりするはず」と語る。【上田泰嗣】

 作品は日中両軍が衝突した上海事変で、32年2月22日早朝に爆薬を抱えて爆死しながら敵陣への突破口を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです