メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄都80年

広畑製鉄所 第2部・地域と共に/3 県立大・土田紀之准教授 現場の知を蓄積 /兵庫

要望に応えられる技術力

 --鉄鋼の強度についての研究者として、新日鉄住金広畑製鉄所の技術をどう見ていますか。

 ◆二つ特徴があります。今の広畑は高炉がありません。鉄鉱石から鉄を作って加工する一貫型の製鉄所ではなく、スクラップ(くず鉄)をリサイクルして鉄を再生産する場です。スクラップを原料とする製鉄所は電力を主なエネルギーとする電炉が主です。広畑の場合は、既存の転炉(高炉や電炉で鉄鉱石から作られた銑鉄を鋼に転じる炉)を活用した冷鉄源熔解法という新しい過程を生み出したのです。しかも、廃タイヤをエネルギー源に用い、高効率のリサイクルを実現しています。スクラップを溶かす段階で出た排ガスから亜鉛と還元鉄を抽出し、これも再利用しています。

 --廃タイヤをエネルギーとしているのですか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです