メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上競技多種目体験会

元五輪選手が指導 西宮・小学生110人参加 /兵庫

走り幅跳びを指導した大岩雄飛さんの跳躍を見つめる子どもたち=兵庫県西宮市河原町の市立陸上競技場で、高尾具成撮影

 西宮市立陸上競技場(市河原町)で17日、陸上競技多種目体験会「らん(RUN)&じゃん(JUMP)スポーツ」が開催された。小学1~6年の子どもたち約110人が参加。オリンピック(五輪)出場経験を持つアスリートらの直接指導に、真剣な表情でのぞんでいた。

 スポーツへの興味や関心を高めてもらい、「夢」や「希望」を子どもたちに育んでもらおうと市が主催した。「短距離走」「長距離走」「走り幅跳び」の種目別に、五輪経験者らが子どもたちに、身体の使い方などをわかりやすく伝えた。

 短距離走ではアトランタ五輪(1996年)から北京五輪(2008年)まで4大会に連続出場、北京五輪の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです