メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バースデー・ワンダーランド

原恵一監督の新作アニメに杏、麻生久美子ら豪華キャスト 東山奈央、矢島晶子も

劇場版アニメ「バースデー・ワンダーランド」のビジュアル(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

 アニメ「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」などで知られる原恵一監督の新作劇場版アニメ「バースデー・ワンダーランド」(4月26日公開)に、女優の杏さん、麻生久美子さん、俳優の市村正親さん、声優の東山奈央さん、藤原啓治さん、矢島晶子さんが出演することが19日、分かった。

 杏さんは主人公のアカネと一緒に冒険に出るチィ、麻生さんはアカネの母のミドリ、市村さんはアカネをワンダーランドの冒険に巻き込む大錬金術師ヒポクラテス、東山さんはヒポクラテスの弟子のピポ、藤原さんはワンダーランドから色を奪うザン・グ、矢島さんはザン・グの相棒のドロポの声を担当する。

 アニメは、柏葉幸子さんの児童文学「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫)が原作。アニメは、ロシア出身の若手イラストレーターのイリヤ・クブシノブさんがキャラクター、ビジュアルアーティストとして参加。誕生日の前日、自分に自信がないアカネの目の前に、謎めいた大錬金術師のヒポクラテスと弟子のピポが現れ、“幸せな色に満ちたワンダーランド”に無理やり連れて行かれ、大冒険を繰り広げる……というストーリー。アカネの声は女優の松岡茉優さんが務める。

 予告編も公開。アカネとチィのもとにヒポクラテスが現れるシーンやアカネとチィがワンダーランドを冒険する姿が描かれ、ピポ、ザン・グ、ドロポらも登場する。シンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)さんが歌う挿入歌「wonderland」も収められている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです