メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川西市

10月から次世代型移動サービスの実証実験 AI、自動運転技術活用 交通弱者対策で /兵庫

 川西市は18日、「オンデマンドモビリティサービス」の実証実験を10月から市内で始めると明らかにした。トヨタ自動車(愛知県)とソフトバンク(東京都)の共同出資会社がAI(人工知能)、自動運転技術を活用した次世代型の移動サービスの実証実験を全国で進めることになり、その一つ。ニュータウンとして開発された市内の大規模住宅団地は高齢化とともに通院や買い物で困難をきたす「交通弱者」への対策が必要になっており、市は実証実験に期待している。【土居和弘】

 「オンデマンドモビリティサービス」は、トヨタとソフトバンクが共同出資した会社「モネ・テクノロジーズ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです