メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

受け入れ拡大 導入まで約1カ月、新在留資格 支援体制、なお準備中 法務省の情報少なく、説明たらい回し

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、4月から導入される新しい在留資格「特定技能」について、法務省は企業などを対象にした地方説明会を始めた。全都道府県で開催する予定だが、受け入れに必要な書類や外国人の支援を担う「登録支援機関」の申請書などは「3月中に法務省のホームページに掲載予定」としている。企業や業界団体などから「情報が乏しく、受け入れの準備が進まない」と焦りの声が上がっている。【金子淳】

 新制度は受け入れ企業などに仕事・生活両面の支援を義務付けている。登録支援機関は、単独で支援できない…

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです