メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

神木隆之介主演「フォルトゥナの瞳」が初登場首位 2位キープ「アクアマン」も好調

映画「フォルトゥナの瞳」の一場面 (C)2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会

 18日に発表された16、17日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、俳優の神木隆之介さん主演の「フォルトゥナの瞳」(三木孝浩監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約14万1000人を動員し、興行収入は約1億8800万円を記録。公開初日の15日から3日間の累計では、動員で19万人、興行収入で2億5000万円を突破した。

 前週に続き、海の生物と“会話”ができるヒーロー、アクアマンの活躍を描く「アクアマン」(ジェームズ・ワン監督)は2位をキープ。土日2日間で動員は約12万6000人、興行収入は約1億9600万円をあげた。前週と同じく興行収入では1位を上回る結果となった。累計では、動員が65万人を突破し、興行収入も10億円に迫っている。

 そのほか累計では、今回3位の「七つの会議」(福澤克雄監督)が、動員120万人、興行収入15億円を突破。7位の「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)は、動員843万人、興行収入116億円に達し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抜いて、歴代興行収入ランキング21位となっている。

 1位 フォルトゥナの瞳

 2位 アクアマン

 3位 七つの会議

 4位 マスカレード・ホテル

 5位 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>

 6位 コードギアス 復活のルルーシュ

 7位 ボヘミアン・ラプソディ

 8位 メリー・ポピンズ リターンズ

 9位 十二人の死にたい子どもたち

 10位 雪の華

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです