メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永野芽郁

“不治の病”のヒロインは「苦しくもあり、楽しくもあった」

映画「君は月夜に光り輝く」完成披露舞台あいさつに登場した永野芽郁さん

 女優の永野芽郁さんが19日、東京都内で開催された、人気グループ「DISH//」メンバーの北村匠海さんとダブル主演する映画「君は月夜に光り輝く」(月川翔監督、3月15日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。今作で、不治の病に侵された主人公を演じた永野さんは「余命ゼロだから悲しいヒロインにはしたくないと思いました」と語り、「自分の命と向き合ってみたり、一生懸命自分の心情と闘っている女の子として、存在しているように見えたらいいと思っていました。お芝居をしている中で、苦しくもあり、楽しくもありました」と語った。

 映画は、第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した佐野徹夜さんの小説が原作。高校生・渡良瀬まみず(永野さん)は、細胞異常により皮膚が発光する不治の病“発光病”を患っていた。同級生の岡田卓也(北村さん)は、病院から出られないまみずの“かなえられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」をする。命の輝きが消える瞬間、まみずが卓也に託した最後の代行体験とは……というストーリー。

 イベントには北村さん、甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、生田智子さん、長谷川京子さん、及川光博さん、月川監督も出席した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです