メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北村匠海

月川監督の涙もろい性格を暴露 撮影中は「常に泣いていた」

映画「君は月夜に光り輝く」完成披露舞台あいさつに登場した北村匠海さん

 人気グループ「DISH//」の北村匠海さんが19日、女優の永野芽郁さんとダブル主演した映画「君は月夜に光り輝く」(月川翔監督、3月15日公開)の東京都内で開催された完成披露舞台あいさつに登場。北村さんが、撮影中の月川監督について「監督は常に泣いていた」と涙もろい性格を“暴露”した。

 北村さんは「芽郁ちゃんが熱い演技をしていて、僕としても泣けるシーンを撮っていて、終わったときにふと見たら、スタッフさんも泣いていたんですが、監督は常に泣いていて……」「終わった後、号泣した月川さんが駆け寄ってきて、『何も言えねえ』って、言って去って行く」と明かすと、永野さんも「びっくりするんですよね。すごい勢いで走ってくるから、『もう一回やらないと』って思って」と話していた。

 それを聞いた月川監督は「冷静にいようと思っていたんですけど」と釈明しつつ、「ちゃんとした監督なら、カットかけたら『今のよかったよ』って声をかけると思うけど、嗚咽(おえつ)しちゃって何も言えなくて……」と話して、周囲を笑わせていた。

 映画は、第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した佐野徹夜さんの小説が原作。高校生・渡良瀬まみず(永野さん)は、細胞異常により皮膚が発光する不治の病“発光病”を患っていた。同級生の岡田卓也(北村さん)は、病院から出られないまみずの“かなえられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」をする。命の輝きが消える瞬間、まみずが卓也に託した最後の代行体験とは……というストーリー。

 イベントには甲斐翔真さん、松本穂香さん、今田美桜さん、優香さん、生田智子さん、長谷川京子さん、及川光博さんも出席した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです