メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『残業学』『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』

今の就活生の切実な悩みは「定年までこの会社があるか」

◆『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』中原淳・著(光文社新書/税別920円)

◆『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』北野唯我・著(ダイヤモンド社/税別1400円)

 先日、『残業学』の著者・立教大学の中原淳教授と対談をさせていただいた。朝8時からの、渋谷の本屋でのトークショー。「テーマが残業学だから」と、朝のこの時間に。早いかなと心配だったが、70人ほどの申し込みがあり、会場は満席。「残業嫌いですか?」と聞いたら、全員の手が上がった。

 中原先生の調査によると、残業は「集中」し、「感染」し、「遺伝」し、「麻痺(まひ)」する。月60時間…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです