メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『木曜日の子ども』『羽根田ヨシさんの震災・原発・ほめ日記』ほか

今週の新刊

◆『木曜日の子ども』重松清・著(角川書店/税別1700円)

 重松清『木曜日の子ども』を唸(うな)りつつ読み、最後は深い感動に包まれた。これはいいです。ニュータウンの中学校で7年前、殺戮(さつりく)が起きた。給食のスープに毒物が混入され、9人が死んだ。飲まなかった生徒が犯人で少年院送りに。

 42歳の「私」は、子連れの女性と結婚、問題の街に越して来た。いじめに遭い、自殺未遂の過去がある、連れ子の14歳の晴彦と距離を縮めようと努力する。ところが、毒殺事件の犯人・上田と、晴彦が似ているらしい。そして、上田が院を出て、この街へ戻ってきた。

 他所(よそ)の飼い犬、隣家の主人と変死が続き、中学校に予告殺人の手紙が届く。街は不穏な空気に包まれ…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです