メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 世界経済フォーラムが発表した2018年のジェンダーギャップ(男女格差)指数で、日本は149カ国中110位だった。多くの女性が働くようになった。15歳から64歳の女性の約70%が働いている。それなのになぜ男女格差があるのか? 男性の正規社員は約78%だが、女性の正規社員は約44%なのである。そこで収入ギャップが生まれる。とりわけ順位が低いのが、管理職と国会議員の女性比率だ。つまり働く女性は多いが、責任をとる地位にある女性が世界の中で極めて少なく、先進国では最下位だという意味だ。

 江戸時代の女性たちがどれほど有能活発であったかは外国人たちの証言で知られている。とくに人口の8割以…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです