メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

増加する小中一貫校=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

綿密な事前準備不可欠 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 小中一貫教育の取り組み例が増えている。小中一貫教育は、子どもたちが小学校から中学校へ進む際、学級担任制から教科担任制に変わることなどで生じる「中一ギャップ」の解消策の一つとして取り組みが始まった。ただ、これまでは「特区」や「特例校」制など国の認可を受けた特別なものとして行われてきた。2016年4月の法改正で設置者である教育委員会の判断で導入が可能になったこと、導入成果への高い評価が、小中一貫校増加の背景にあると思われる。

 私がアドバイザーなどとして関わる事例も、約3年間お手伝いし昨年4月から市立小中学校の大半で一斉導入…

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1650文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです