メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

かやぶきの民家=板鼻幸雄 /新潟

 半世紀にわたり、かやぶきの民家を描き続けてきた魚沼市の画家、早津剛さん(80)が、自身の作品50点を魚沼市に寄贈した。先月、同市内で贈呈式があり、早津さんから佐藤雅一市長に目録が手渡された。早津さんは作品が散逸しないよう、寄贈を決めた。

 寄贈作品のうち20点は魚沼市内で描いたもの。18点は同市以外の県内、12点は県外で描いたものだった。描くと決めた民家の前に陣…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです