メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
精神科病院

身体拘束1.2万人 6割は高齢者 17年度、厚労省調査

 精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束を受けた入院患者が、2017年度に全国で1万2000人強に上り、6割は高齢者だったとの年次調査結果を、厚生労働省がまとめた。17年度から調査方法が変わったため単純比較はできないが、10年間で1・8倍に増え、最多を更新した。

 精神保健福祉法で拘束や隔離が認められるのは、本人や他人を傷つける恐れなどがあり、指定医が「他に方法がない」と判断した場合のみ。患者団体や専門家からは「実際には安易に行われ、人権侵害の恐れがある」との指摘が出ている。厚労省は「増加の要因は分析できていない。不要な拘束などをしないよう求める」としている。

 厚労省は毎年度、総合病院の精神科病床を含めた6月末時点の状況を調べている。17年度から調査方法を変…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです