メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
薬害C型肝炎訴訟

国がカルテ調査 閉鎖の170医療機関 未救済者掘り起こし

 2008年に和解が成立した薬害C型肝炎訴訟で、厚生労働省は全国に8000人前後いるとされる未救済の被害者の掘り起こしのため、閉鎖された医療機関に残っている古いカルテを調査することを決めた。約170の医療機関が対象になり、調査で新たな被害事実が確認されれば本人にウイルス検査や補償の手続きを伝える。

 薬害肝炎の原因になったのは、1994年まで止血に使われていた血液製剤「フィブリノゲン」など。訴訟で国や製薬企業は感染被害拡大を防止できなかった責任を認め、議員立法による救済法が08年に成立した。被害者は汚染された製剤の投与をカルテなどで証明できれば、裁判所への提訴と和解手続きを経…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです