メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2が降下開始、丸1日かけリュウグウ着陸へ

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午後1時15分ごろ、小惑星リュウグウへの初めての着陸に向けて降下を開始したと発表した。運用の設定などの再確認をしたため、予定よりも5時間遅い降下開始となった。

 計画によると、はやぶさ2は22日午前8時ごろ、リュウグウの表面に着地し、表面の物質を採取する。降下開始が遅れたため、高度5キロまでは当初の計画よりも速度を上げて降下する。22日午前7時ごろ、高度45メートル付近に到達すると、あとは探査機に事前に送信しておいた指令に基づき、自律運転で小惑星へ着地、物質採取、上昇――という一連の動作を実施する。

 リュウグウは現在、地球から見て太陽の反対側、約3億4000万キロ離れたところにあり、地球と探査機の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです