メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恵比寿映像祭 海外でも注目される若手日本人監督の新作を上映

三宅唱「ワイルドツアー」2018 (C)Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

 アートと映像の国際フェスティバル「恵比寿映像祭」が、東京都写真美術館(東京都目黒区)を含む五つの会場で開催されている。11回目を迎える今年は、視点や場所の移転、置換などを意味する「トランスポジション」をキーワードに、インスタレーション(空間展示)、上映、ライブパフォーマンスなど26の国・地域の72作品を紹介。映像の新たな創造性を探る。【西田佐保子】

 同映像祭では、国内外のアーティストによるフィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、実験映像な…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文1858文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです