メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

1人暮らしの親族、急な入院時に家族は 「キーパーソン」を決める

病院との間に立つ「キーパーソン」の役割

 1人暮らしの母(76)が転倒事故で大ケガをし、入院した。初日の「保険証はどこにある?」から始まり、入院中も「パジャマが足りない!」「手術は誰が立ち会おうか?」と、家族は大混乱。急な入院に慌てないために、どう対応すればいいだろうか。【鈴木美穂】

「かかりつけ医」を確認/日程把握に「計画書」/相談支援専門職を活用

 昨秋、遠方の母から携帯に電話があった。「居間で転んじゃった。足が痛い」と叫んでいる。どの程度のケガか電話では分からないため、「病院に行ってみて。足は無理に動かさないようにね」と告げ、電話を切った。

 幸い実家近くには弟が住んでいる。「病院に連れていける?」と連絡すると、すぐに「了解!」との返答があ…

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2286文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです