メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

没後200年・伊能忠敬を歩く

/10 宇都宮市 もう一人の偉人、蒲生君平

宇都宮市立東小学校の校庭にある蒲生君平像=広瀬登撮影

 1800年6月13日午前8時ごろ、古河宿を出発した伊能忠敬は間々田や小山などほぼ現在のJR東北線沿いに北へ進み、同日午後6時ごろ宇都宮に到着した。「測量日記」によると、この日は天気が安定せず、朝は曇り、晴れ間が見えたかと思うと小雨が降り、夜は大雨になった。測量の精度を高めるため、忠敬は晴れていれば夜に天体観測をしているが、「日記」には記載がなく無理だったようだ。

 これまで伊能隊が北上してきた日光街道は、宇都宮で奥州街道と分かれる。伊能大図と地理院地図を比較でき…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです