メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

つながりは“連覇”! アンカー・ジャパンが川崎フロンターレを選んだ理由(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

モバイルバッテリーやACアダプターなどスマホ・タブレット周辺機器において確固たる地位を確立したアンカー・ジャパン。昨今では、完全ワイヤレスイヤホンやモバイルプロジェクターなども手がけており、その勢いは増すばかりです。

 

そんなアンカー・ジャパンのプロダクトは、どの製品も格安で高性能な点が魅力。その結果、Amazon.co.jpが発表する「Amazon マケプレアワード」にて、「最優秀セラー賞」グランプリを2016年・2017年の2年連続で獲得しているんです。2連覇ですよ、2連覇。

 

そんな2連覇といえば、2017年・2018年と優勝してJリーグ史上5チーム目となる連覇を達成したチームがあります。そう、川崎フロンターレです。

 

というわけで、そんな“連覇”つながりのアンカー・ジャパンが川崎フロンターレとスポンサー契約を締結したことを発表しました。お互いに3連覇を目指すとか、胸熱すぎませんか? この展開。

 

実際に、この連覇を目指す姿勢とファンとの距離の近さの2つが、アンカー・ジャパンが川崎フロンターレを支援することに決めた、大きな要因であったとのことです。

 

と、実は筆者、川崎フロンターレを10年以上応援している人間。アンカー・ジャパンの方からこの件に関する写真撮影に同行しないかというお誘いをいただき、二つ返事で川崎・麻生区にある川崎フロンターレのクラブハウスへ向かいました。

 

↑偶然にもロゴのカラーが両者とも水色ということで、早くも一体感でてます

 

 

今回、アンカー・ジャパンは、ゴールの脇に看板が立てられるゴールサイドバナースポンサーに就任したんですが、実はそれにとどまらないサポートをすると表明しています。

 

例えば、AnkerブランドのモバイルバッテリーやSoundcoreのワイヤレスイヤホンなどを、トップチームの選手だけでなく、スタッフからアカデミーの選手にまで贈呈するとのこと。クラブの宝であるアカデミーの選手たちのことも考えてくれているなんて、神じゃないですか。ユースっ子たちよ、Anker製品はいいぞ。

 

↑こうした取り組みについて、同社代表取締役・井戸義経さんから説明を受ける中村憲剛選手。頼れる猫背

 

そのほか、クラブハウスや事務所、遠征時についても設備の観点からサポートするとのこと。今年もACLで過酷なアジアのアウェイを戦う選手・スタッフの方々にとって、心強い味方になってくれそうです。

 

↑モバイルプロジェクターのAnker Nebula Capsule Proを紹介される鬼木 達監督。これで相手チームの対策とかしちゃってくださいよ!

 

また、コラボレーションモデルの展開も予定されており、現在は「Anker PowerCore Fusion 5000(優勝記念モデル)」が2019年2月25日まで注文を受け付けています。

 

↑プラグ付きで非常に便利。ブラックとホワイトの2種類で、どちらも税込価格4665円です

 

こちらのモデルは、川崎フロンターレのロゴのほか、川崎市をかたどったデザインが施されています。余談ですが、中村憲剛選手もプライベートで注文しようとしていたらしいです。バンディエラお墨付き。

 

「Anker PowerCore Fusion 5000(優勝記念モデル)」の購入はコチラ

 

今回の発表は、アンカー・ジャパンがスポンサードする川崎フロンターレとオウルテックがスポンサードする横浜F・マリノスが戦うと、“神奈川ダービーならぬバッテリーダービーだ”なんて具合に、Jサポ的にも様々な余波がありそうですよね。

 

ともあれ、サッカーファミリーにアンカー・ジャパンという頼もしい味方が加わったことを、みんなで喜びましょう!

【関連記事】
恋愛運を上げるか!? 冷蔵庫を使った「デートアプリ」が海外で話題に
Microsoft Office「非搭載モデル」を仕事で使う3つの方法
【Twitter】TwitterフォローはQRコードが便利。Twitter「QRコード」の使い方を確認!
Googleが新開発した「聴覚障がい者向けのアプリ」、健常者の悩みも解決する可能性
知っておくといつか得する! 生活の知恵的な「エンタメサービス&アプリ」9選!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです