メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糖尿病で筋肉減少 原因たんぱく質特定 神戸大研究チーム

糖尿病で筋肉が減る仕組み

 糖尿病で筋肉が減るメカニズムを解明したと、神戸大の小川渉教授(代謝糖尿病学)らの研究チームが21日、米オンライン医学誌「JCIインサイト」で発表した。血糖値の上昇に伴い2種類のたんぱく質の量が変化し、筋肉の減少につながるという。糖尿病患者の運動能力低下を防ぐ薬の開発が期待できる。

 国内には推定1000万人以上の糖尿病患者がいる。糖尿病患者は筋肉が減りやすいことが知られているが、関わっているたんぱく質やメカニズムは不明だった。

 チームは、血糖値を人為的に上昇させ、重度の糖尿病にしたマウスの骨格筋で、「KLF15」という筋肉減…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです