メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

小惑星リュウグウに着陸成功 岩石採取へ精密誘導

「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸が成功し、スタッフと抱き合って喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー(中央右)=相模原市で2019年2月22日午前7時51分(C)ISAS/JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午前7時半ごろに小惑星リュウグウへの着陸に成功したと発表した。日本の探査機が小惑星に着陸したのは、2005年の初代はやぶさに続き2回目。地球から約3億4000万キロのかなたで、わずか半径3メートルの領域に探査機を誘導する難しいミッションを達成した。

 はやぶさ2は事前に投下していた「ターゲットマーカー」を目印に降下し、試料を採取するための筒状の装置…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです