メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英、EU離脱の行方

マット・クオトラップ氏=矢野純一撮影

 英国の欧州連合(EU)からの離脱期限が1カ月余後の3月29日に迫る。しかし、EUとまとめた離脱案を英国議会に否決され、求心力の低下したメイ英首相はEUとの修正交渉に望みをかける。EUと議会が共に受け入れられる修正や、離脱期限の延期によって、経済・社会の混乱が必至な「合意なき離脱」は回避できるのか。

再び国民に選択機会を マット・クオトラップ 英コベントリー大教授

 欧州連合(EU)からの離脱期限が迫る中、英国はカオス(混沌(こんとん))のような状況に陥っている。原因の一つは、離脱を決めた2016年6月の国民投票であり、実施自体が誤りだった。15年の総選挙でキャメロン首相(当時)は与党・保守党の勝利を狙い、「EU離脱への賛否を問う国民投票の実施」を公約に掲げた。反EUや反移民を掲げる右派・英国独立党(UKIP)の支持者を取り込めると考えたからだ。

 そもそも国民投票は、国の枠組みを変える重要政策や、国の将来に後戻りできない影響を与える問題について…

この記事は有料記事です。

残り4134文字(全文4560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです