メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態調査・保全にドローンなど新技術 宮城・伊豆沼

内沼で羽をやすめるチュウサギ=宮城県栗原市で、山田研撮影

 ドローンや携帯電話回線などを使った野生生物の新たな観察成果や基礎的な実証例が、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団(栗原市)主催の研究集会で報告された。新技術活用は数年前に始まったばかりで、熟練した人の目が支えてきた生態研究や保全の取り組みの手法が広がると期待される。【山田研】

 伊豆沼は観光資源でもあるハスが増えすぎたため、水質悪化や在来植物の減少が問題になり、東京大大学院農学生命科学研究科などが2年前から、携帯電話回線で制御する無人小舟で水中のハスを刈り、水中の酸素量を回復する試みを続けている。

 17日に開かれた「伊豆沼・内沼研究集会」では、水面上の障害物やアサザなど希少在来種などを避けるため…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです