メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネコ都市「こにゃん市」、8代目市長「きゃら」が執務 「ニャンニャンニャンの日」

湖南市のマスコットキャラクターたちの前で書類の決裁をする、こにゃん市長の「きゃら」=滋賀県湖南市中央1湖南市役所で2019年2月22日午後3時2分、礒野健一撮影

 滋賀県湖南市のどこかにあるというネコ都市「こにゃん市」の8代目市長「きゃら」(雄2歳)が「ニャンニャンニャンの日」の22日午後2時22分、湖南市役所を訪れ、1時間限定で市長の執務をこなした。

 「こにゃん市」は観光振興と動物愛護をPRしようと、2011年から湖南市観光協会が始めた取り組み。毎年4月にインターネット上で市長選がある。

 蝶(ちょう)ネクタイを付けた「きゃら」市長は、市内で旅行代理店を経営する秘書(飼い主)の岡田啓之さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです