メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 福島・南相馬 常勤医の決断

外来診療で患者の大室了有さん(右)と談笑する藤井宏二医師=福島県南相馬市小高区の市立小高病院で2019年2月22日、宮武祐希撮影

 「3月いっぱいで辞めることになりまして」。福島県南相馬市小高区の市立小高病院で唯一の常勤医、藤井宏二医師(63)=写真奥=が切り出した。風邪で訪れた大室了有さん(68)は「ここに来ると診察だけでなく世間話もできたのに、寂しい」と惜しんだ。

 藤井医師は2016年4月、東京電力福島第1原発事故で閉鎖され14年に再開した同病院に着任。京都第二赤十字病院(京都市上京区)勤務時に、阪神大震災(1995年)の被災地で治療に当たった経験から「東北の人の役に立てれば」と単身赴任した。病院には損…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです