メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 平成の地球環境 温暖化影響、顕在化 日本の存在感低下

 人命と足元の環境を軽視して引き起こされた公害の悲惨な経験を経て、平成に入り、世界は人類の生存に関わる地球規模の問題と向き合わざるを得ない時代を迎えた。特に危機感が強まったのが地球温暖化だ。影響は顕在化し始め、生物多様性も急速に失われている。この30年で対策強化に向けた国際協調が進んだが、いまだ解決の見通しは立っていない。この環境を将来世代に残せるか、これからも正念場が続く。

この記事は有料記事です。

残り3257文字(全文3446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです