メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

らくごカフェ、若手を支え10周年 武道館公演にさだ、志の輔、談春も

小さな高座の前に立つ青木伸広さん=東京都千代田区神田神保町のらくごカフェで油井雅和撮影

 古書と学生の街、東京・神田神保町にある、決して新しくはないビル「神田古書センター」の5階に、「らくごカフェ」がある。若手が客を前に演じる研鑚(けんさん)の場が少ないことから、落語などのライター、プロデューサーの青木伸広さん(49)が2008年に開いた。落語の本や資料、CDが置かれ、昼間は喫茶営業、そして毎晩(土日の昼も)、定員50人の落語会が開かれる。私も開店以来、仕事場から近いこともあって、よくのぞかせてもらい、取材の場としても使わせてもらってきた。

 開店10周年を迎え、「記念の会を近くでやろうか、と思っていたら、たまたま空いてたんです」と青木さん…

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1607文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです