メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

減りゆく銭湯、魅力は? 住民の衛生守る低料金 寄席やライブ開催=回答・川畑さおり

「変わり湯イベント」で熊本県産の晩白柚(ばんぺいゆ)が浮かんだ風呂を楽しむ小学生たち=名古屋市で2月

 なるほドリ 町の銭湯(せんとう)がどんどんなくなっているんだって?

 記者 全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会(ぜんこくこうしゅうよくじょうぎょうせいかつえいせいどうぎょうくみあいれんごうかい)によると、記録が残る戦後では、最盛期(さいせいき)の1968年に全国で1万7999軒(けん)あったのが、半世紀後の2018年には2351軒になってしまいました。全国で最も多い東京都には今年1月現在(げんざい)で538軒ありますが、平均(へいきん)して毎月1~2軒のペースで廃業(はいぎょう)しています。背景(はいけい)には、一般(いっぱん)家庭での風呂(ふろ)の普及(ふきゅう)や経営者(けいえいしゃ)の後継(こうけい)問題があります。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです