メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 「ビゴ」のサバラン 仏の伝統、兵庫・芦屋で受け継ぐ

ビゴの店のサバラン(手前の二つ)

 兵庫県芦屋市のブーランジェリー(パン店)「ビゴの店」創業者でフランスパン職人のフィリップ・ビゴさんが、昨年9月、76歳で逝った。受け継がれる味は、バゲットなどのパン類だけではない。根強い人気の菓子「サバラン」を訪ねた。

 何十種類ものパンが並ぶ店内の一角。ガラスケースにオペラやミルフィーユなど定番のフランス伝統菓子類が並ぶ。そこに1972年の開店以来、座り続けてきたのがサバランだ。フランスパンのおいしさを知られる同店だが、常連客を中心に隠れた人気を持つ。

 「うちの場合、パンもそうですが、サバランも他のお菓子類もオーソドックスながら飽きない味だと思います…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1597文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです