メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公開授業

小学生からの救命教育 AED財団

心臓マッサージの方法を学ぶ児童たち=つくば市竹園で

 学校で起きる突然死ゼロを目指し、小学校からの救命教育を推進するシンポジウム(日本AED財団主催)が、茨城県つくば市の市立竹園西小学校で開かれた。小学5年生の児童が自動体外式除細動器(AED)の使い方や心臓マッサージを学ぶ授業が教育関係者らに公開された。

 公開授業では、児童たちが突然心停止した人を発見した状況を想定。AEDの使い方などを学んだ。児童たちは「子どもがAEDを使うのは難しいと思っていたが、命を救うために積極的にかかわっていきたい」などの感想を発表した。

 日本AED財団によると、学校で起きる死亡事故の死因トップは突然死で、心停止の場合は何も措置を施さな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです