メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
藤原帰一の映画愛

ビール・ストリートの恋人たち いくら差別されても愛を守る人間の尊厳

 ストレートなラブストーリー。でも、ハッピーなだけのラブストーリーじゃありません。敢(あ)えて愛情を語ることには、それだけの理由、社会背景があるからです。

 この映画の原作を書いたのは、ジェームズ・ボールドウィン。「ジョヴァンニの部屋」や「もう一つの国」をはじめとする作品で、黒人が生きてゆくこととゲイが生きてゆくことの苦しさを悲鳴を上げるような言葉によって綴(つづ)り続けた、アメリカの代表的作家です。

 ボールドウィンは1960年代の公民権運動に関わり、多くのエッセーを発表しました。でも、映画「私はあ…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです