メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ビール・ストリートの恋人たち いくら差別されても愛を守る人間の尊厳

 ストレートなラブストーリー。でも、ハッピーなだけのラブストーリーじゃありません。敢(あ)えて愛情を語ることには、それだけの理由、社会背景があるからです。

 この映画の原作を書いたのは、ジェームズ・ボールドウィン。「ジョヴァンニの部屋」や「もう一つの国」をはじめとする作品で、黒人が生きてゆくこととゲイが生きてゆくことの苦しさを悲鳴を上げるような言葉によって綴(つづ)り続けた、アメリカの代表的作家です。

 ボールドウィンは1960年代の公民権運動に関わり、多くのエッセーを発表しました。でも、映画「私はあ…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです