メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

半世界(2018年、日本) 思う世界の他、必ず道あり

 地方都市の、そのまた郊外。ある日、自衛隊員として海外に派遣されていた瑛介(長谷川博己)が帰ってきます。仕事で心に傷を負い、妻子とも別れて実家に引きこもったまま。そんな彼を中学時代からの旧友の紘(稲垣吾郎)や光彦(渋川清彦)は気に掛け、紘は人を雇う余裕もないのに自分の炭焼き職人の仕事を手伝わせます。

 「こんなこと、一人でやってきたのか」。木の伐採から炭の販売まで重労働を淡々とこなす紘の姿を見て驚く瑛介。紘も、惰性で続けてきた仕事に張り合いを覚えます。そして、い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです