メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛染明王

熊谷で公開 /埼玉

 熊谷市下川上の宝乗院愛染(あいぜん)堂で24日、年に1度の縁日が開催され、本尊の愛染明王を公開。甘酒カフェや紙芝居などでにぎわった。

 愛染堂は江戸中期の1726年に建立。江戸前期の作とされる愛染明王は像高が約1メートル45センチ、台座や光背を含めると3メートルを超え、愛染明王としては全国最大級。女性の愛と子宝を守る仏とされるほか、「愛染」が「藍染め」に通じることから、藍染めが盛んな県北部を中心に関東一円から幅広く信仰を集めた。愛染堂の欄間彫刻や染め物業者らから奉納された多く…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです